*

面接対策


面接の流れ

一般的な入社面接は、以下の流れで進められます。

  1. 面接官の自己紹介(2〜3分) ※無い場合もあり
  2. 応募者の経歴と志望理由の説明・質疑応答(10分〜30分)
  3. ケース面接(30分〜40分)
  4. 質問

2番と3番が肝です。なお、全部で3〜5回ある面接のうち、基本的に序盤の方ほどケースの重要度が高いです。各ステップを通じて見られているポイントは以下です。

面接での評価ポイント

面接対策こそが選考突破の肝であり、このサイトでお伝えしたいことの核です。
随時記事をアップしていきますので、参考にして頂ければ幸いです。

記事は、”CATEGORY”欄や”NEW ENTRY”欄からご参照下さい。
また、”POPULAR POSTS”は2014年1月以降にもっともよく見られている記事となります。

お問い合わせやサイトへのご要望は大歓迎ですので、
“このサイトについて”下部の問い合わせフォームか、Twitterでご連絡下さい!


公開日:
最終更新日:2014/01/14

no image
近況

さて、リクルートに転職した時に「WEB人材と認めて欲しいならまずアフィ

Meg Whitman speaks at the Tech Museum in San Jose
外資系は女性にとって働きやすい職場か

gaizenです(Jimと名乗るのをやめました)。 外資系は

Dunedin ICT Internship Speed Dating 2013
【新卒向け】外資コンサルのスプリングジョブ(ジョブ参加編)

新卒ジョブ・インターン向け記事第三弾です。 第一弾:【新卒向

STU U15/U17 Camp 2013 @ Bosön
【新卒向け】外資コンサルのスプリングジョブ(面接突破編)

前回に引き続き、面接突破編です。 前回の記事:【新卒向け】外資コ

Auburn University students at ASAP conference
【新卒向け】外資コンサルのスプリングジョブ(基本編)

Jimです。外資コンサルのスプリングジョブ(インターン)が続々始ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑