*

エージェントの活用


コンサルタントになるということは、一つの会社に添い遂げるキャリアを放棄し、その後の人生に常に転職がつきまとうということを意味します。エージェントと長年の付き合いを築き、キャリア志向の方向性や変化を熟知してもらえるようになれば、自分にあった案件を紹介してもらえるようになります。優れたエージェントとの出会いは、キャリアの中での資産だと言えるでしょう。

即ち、コンサル転職時のエージェント活用も必須ながら、一期一会ではなくその後のキャリアも見据えてお付き合いをしていくことが重要です。私の経験からおすすめの活用方法をまとめましたのでご覧頂ければ幸いです。

SPONSORED LINK

★記事の一覧

★まとめ
・コンサルへの転職では専門エージェントが必須であり、ムービンがおすすめ
・但し、転職活動開始時点で幅広いオポチュニティを整理するため、ビズリーチ無料登録でコンサルに限らないヘッドハンターとのコネクションを築いておいたほうが良い
 −キャリアプランをしっかり整理しておくことが、コンサル転職後の頑張りを左右する
 −信頼できるヘッドハンターとの出会いは一生モノの資産になる
・ビズリーチお祝い金制度を活用すれば、ムービンを使いつつ5,000円分のキャッシュバック獲得の可能性あり(笑)


公開日:
最終更新日:2014/03/18

Meg Whitman speaks at the Tech Museum in San Jose
外資系は女性にとって働きやすい職場か

gaizenです(Jimと名乗るのをやめました)。 外資系は

Dunedin ICT Internship Speed Dating 2013
【新卒向け】外資コンサルのスプリングジョブ(ジョブ参加編)

新卒ジョブ・インターン向け記事第三弾です。 第一弾:【新卒向

STU U15/U17 Camp 2013 @ Bosön
【新卒向け】外資コンサルのスプリングジョブ(面接突破編)

前回に引き続き、面接突破編です。 前回の記事:【新卒向け】外資コ

Auburn University students at ASAP conference
【新卒向け】外資コンサルのスプリングジョブ(基本編)

Jimです。外資コンサルのスプリングジョブ(インターン)が続々始ま

Light bulbs
戦略系ケース:家電量販業界で2番手が勝つには(回答編)

前回の続きです。 前回記事:戦略系ケース:家電量販業界で2番手が

→もっと見る

PAGE TOP ↑